日本人の配偶者等ビザ

日本人の配偶者等に該当する者

1 日本人の配偶者※1
2 日本人の特別養子
3 日本人の子として出生した者※2

※1
配偶者とは現に婚姻関係中の者をいい、相手方の配偶者が死亡した者又は離婚したものは含まれない。また、内縁の配偶者も認められない。
法律上の婚姻関係が成立していても、同居し、互いに協力し、扶助しあって社会通念上の夫婦の共同生活を営むという婚姻の実体を伴っていない場合には、日本人の配偶者としての活動を行うものとはいえず、在留資格該当性は認められません。社旗通念上の夫婦の共同生活を営むといえるためには、合理的な理由がない限り、同居して生活することが求められます。

※2
日本人の子として出生した者とは、日本人の実子をいい、嫡出子のほか認知された嫡出でない子が含まれますが養子は含まれません。
日本人の子として出生した者とは、出生の時に父または母のいずれか一方が日本国籍を有していた場合、又は本人の出生前に父が死亡し、かつ、その父が死亡のときに日本国籍を有していた場合にこれに当たる。なお、本人の出生後父又は母が日本国籍を離脱した場合も、日本人の子として出生したという事実に影響を与えるものではない。
外国で出生した者も含まれます。